ちょこちょこ

私が気になる、知りたいことをちょこちょこと。

ワイドナショーにこち亀の秋本治先生登場!40年で連載終了

   

おはようございます。ちょこちょこです。

日曜日ですね。のんびりTVを見ていたら、本日放送のワイドナショーに「こち亀」の秋本治先生が出演されていました。

「こち亀」といえば、昨日は「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が週刊少年ジャンプでの連載終了が告げられて、大ニュースになったばかり!

 

秋本治先生がどういうコメントをするのか?

気になったので「ワイドナショー」を見てみました。

「こち亀」が週刊少年ジャンプで
連載終了。最終話は9月17日!

9月3日に「こち亀」こと

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が

約40年におよぶ連載に幕を閉じることが

発表されました。

神田明神で3日に行われた「こち亀」の

「巨大絵巻物」の奉納式で作者の

秋本治先生自身から発表されました。

秋本治先生

最終話の掲載は

9月17日発売の週刊少年ジャンプ42号

 

現在発売されている「こち亀」の

単行本は199巻まで。

200巻が最終巻となります。

 

急な発表でびっくりです。

こち亀は連載が40年!

私よりも年上です。

週刊であるにもかかわらず、

1度も連載をお休みしたことが

ないことでも有名。

こち亀

「こち亀」の主人公の警察官、

両さんこと「両津勘吉」が繰り広げる

ドタバタギャグ漫画で、累計発行部数は

約1億5000万部。

コミックスは199巻まで発売されており、

日本で1番の長寿漫画です。

2位はゴルゴ13で、連載期間はゴルゴ13の

方が長いですが、ゴルゴ13は週刊ではないので

コミックスの巻数は「こち亀」の方が多いです。

 

秋本治先生は「こち亀」の連載終了を意識

し始めたのは今年からでおめでたい時に

終わるのが一番かなと考えたとコメント

されていました。

 

ただ、「これでスパッと切れるわけではない」

ともコメントされているので、週刊での

連載が終わるだけで、たまに特別掲載

などで新しい「こち亀」の話は

読めそうですね。

【スポンサードリンク】

「ワイドナショー」で秋本治先生
が自らのコメント

「ワイドナショー」は日曜日10時からの

フジテレビ系の番組で、

 

MCは東野幸治さん。

コメンテーターに松本人志さんや

ゲストで豪華有名人が登場し、

今週起きた芸能ニュースや

時事問題など、さまざまな

話題や人物を取り上げる

ちょっと普通のニュース番組

とは違うバラエティ番組です。

 

本音で話す感じのところが

うけて、松本人志さんや

ゲストがしたコメントについて

Yahooニュースになったり

Twitterでつぶやかれたりなど

しています。

 

本日9月4日(日)のゲストは

「こち亀」の作者、秋本治先生と指原梨乃さん。

番組冒頭、すぐに秋本治先生に話が

ふられ、秋本治先生自ら、

「「こち亀」が9月17日の

少年ジャンプ42号をもって連載終了

になります。」

と告知されました。

 

松本人志さんや指原梨乃さんも

「こち亀」が大好きなようで

ちょっと無言になっていました。

指原梨乃さんはご兄弟が

「こち亀」のファンでよく読んでいた

とコメントしていました。

 

松本人志さんがコミックス巻数2位の

ゴルゴ13を両さんが捕まえて

終わってくれないか?との話に、

秋本治先生は「それは面白いですね」と

のっていました(笑)。

 

9月17日の週刊少年ジャンプ42号に

掲載する「こち亀」の最終話は

まだ描いていなくて、これから

描くのだけれども、構想はすでに

あるそう。

 

「こち亀」を描いていて楽しいのは

今でも同じだが、200巻がちょうど

まとまるし、40年で節目の時に

両さんが好きな祭りとして

「こち亀」を終わらせるのが

いいのではと考えたとのことです。

 

こういう長く続いた作品を

終わらせるのはタイミングが

難しいですよね。

 

ファンもいるし、秋本治先生

自身も描いていた楽しいので

あれば、そのまま続けていても。。

と「こち亀」好きの私は思いますが、

いつかは終わる日が来るのだろうし、

こういう区切りがあるときに。という

決断は、それだけこの作品に愛情が

あって、中途半端な時に秋本治先生の

不本意な理由でやめる日が来ないように

との思いがあるのかなと思いました。

【スポンサードリンク】

MCの東野幸治さんは「こち亀」の

話で一番好きなのは、

両さんが人間UFOキャッチャーで

口でカウンタックを持ち上げる回

と言っていました。

私もその回を読みました。

持ち上げたものをゲットできる

というゲームで欲の塊の両さん(笑)は

両手にすでに商品を持っているので

最後は口でカウンタックをゲット

していました(笑)

 

秋本治先生が好きな話は税金の

使い方とかを国会に文句を言いに、

マイクを持って怒鳴っている話が

好きだと言っていました。

 

「こち亀」はこういう問題提起な

話の回もあるんですよね。

時事問題をとりあげたりもして

いるので、それを織り込みながら

描くので40年という長い間

続けてこれていたのだろうなと

思いました。

 

「こち亀」は未来を予想していた

ともいわれており、ルンバのような

掃除機やシュミレーションゴルフ、

彼女育成ゲームについても描かれて

いました。

 

秋本治先生はこれらの話は

自分がこうなったら面白いなと

思うものを描いたと言っていましたが

先見の明がありますよね!

さすがだなぁと思いました。

 

番組の最後に秋本治先生は

「これまでよく支えてもらった

と思っています。」とコメント。

 

淡々と発表されていましたねと

言われると、

「いつ終わってもおかしくもない作品

なので、いつもと変わらないまま

いつものように終わっていくのが

いいかなと思っています。」

と話されていました。

 

最終話は「最終話」として

特別な話ではなく、いつも通りの

話で、まだ連載が続くのではないか?

と思わせるような自然な感じで

迎えるのかもしれませんね。

 

40年間週刊少年ジャンプに連載されると

いうことは、40年間少年のままでいた

ということになり、尊敬です。と

松本人志さんもいっていました。

なんか寂しくなるなぁと思いました。

まとめ

週刊少年ジャンプで連載中の

「こち亀」こと「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が

9月17日で連載終了が発表されました。

 

TVアニメ化もされ、実写ドラマ化も

されているほどの人気マンガなので

ショックを受けている人が多いです。

 

松本人志さんも

「ずっと終わらないと思っていたからショック」

とコメントしていました。

「こち亀」ではいろいろなキャラクターが

登場しますが、オリンピックの時4年に1度しか

起きない「日暮 熟睡男(ひぐらし ねるお)」

というキャラクターがいて、

東京オリンピックではそのキャラクターでの

話になるんだろうなぁと思っていたので

ちょっとがっかりしました。

 

ただし、秋本治先生は漫画家自体を

やめるのではなく、あくまで「こち亀」の

連載が終了との話だったので、

特別版としてこれからも「こち亀」が

発表される可能性はありそうです。

 

秋本治先生の新たな「こち亀」以外の

作品にも期待したいと思います。

 

 - アニメ